イケダ工機株式会社
トップページイケダ工機の物流ソリューション保管部門搬送機器部門角田工場会社概要採用情報問い合わせ新着情報
|イケダ工機梶b
|角田工場|自社工場による徹底した品質管理 |角田工場|生産ラインのご紹介|
|ドラムユニットの組立調整作業

【生産ラインの紹介と特徴】

「デジタル印刷機の機構ユニット組立」
デジタル印刷機関連の、「ドラムユニット」、「給紙ユニット」、「吸着ユニット」等の 画像品質を左右する重要な機構ユニットを生産管理システムにより部品調達から 受入検査、組立作業、出荷検査を実施し一貫した品質保証体制で生産しております。

生産体制

    【生産管理】
  • 部品購入先選定/生産管理システムによる受発注/受入検査等
    【生産技術】
  • 標準時間設定/工程設定/治工具選定/組立作業マニュアル作成等の生産準備 /ポカミス防止治具作成/機種切替仕組み作り
  • 組立要素作業教育
    ネジ締め/貼付/グリス塗布/止め輪/コネクターセット等の作業訓練

多品種小ロット混合生産ライン
  • 混合生産ドラムユニットライン
  • 量産タイプの混合生産・約100機種を混合生産している
    特徴 【類似機種は連続生産をしている】
    【100%違う部品構成を5分のライン切替で連続生産している】
ドラム生産ライン

トナー排出機構
  • 工房化生産・・・・・同じ作業台を作り生産量により人員配置している
    特徴 【多能工:1個作り1個流し生産工程間仕掛台数なし】
公房化生産

ボトル駆動(トナー補給装置)
    セル生産・・・・・・・・・・・・・一人生産方式(自己完結型生産)、U字ライン
    特徴 【組立時に間違った部品の取付けを防止する為、類似部品供給には、 色別管理による部品供給管理を実施している】
セル生産

市場への柔軟な対応、短納期を実現

TPiCS(ティーピクス)生産管理システム
(フレキシブル)f-MRP

生産管理システム

角田工場紹介

角田工場は98年9月にOA機器メーカーのユニット協力工場として設立されました 組織は、生産管理部門、製造部門に生産技術課、組立課、出荷検査があり 生産は、生産準備から、システムによる部品調達、受入検査、組立、出荷検査まで の品質管理体制で実施しております。

  • 2004年3月、環境マネジメントシステム「ISO14001:2004」の認証取得
    認証機関:BUREAU VERITAS Certification
  • 2005年6月、化学物質管理システム「CMS」認証取得
    認証機関:東北リコー(株)
  • 2010年8月、環境マネジメントシステム「ISO14001:2004」認証機関の変更
    認証機関:Perry Johnson Registrars, Inc.
  • 2017年1月、環境マネジメントシステム「ISO14001:2004」認証機関の変更
    認証機関:ビューローベリタスジャパン株式会社
  • 2018年4月、環境マネジメントシステム「ISO14001:2015」へ切替え、認証取得

工場概要

工場の概要
創業 平成10年9月1日
敷地面積 2,876u(約875坪)
床面積
工場 600u
事務所・食堂 203u
倉庫 78u
テント 45u
従業員数 37名(平成30年6月1日現在)
売上
平成29年度期 4.5億円
イケダ工機トップページページトップへ